花youの店長・内山が「失敗しないフラワーギフトの選び方!」を紹介します!

母の日に贈るカーネーションの花言葉。選んじゃいけない色はこれだ!

2020/01/06
 
カーネーション
この記事を書いている人 - WRITER -
フラワーギフト専門店「花you」の店長が「失敗しないフラワーギフトの選び方」を紹介するブログです。 この用途にこんな花は合ってるの?失礼じゃない?と不安なあなた!大丈夫です。 30年以上の実績を誇る専門店の店長・内山が、そんなあなたの悩みを解決します。

 

こんにちは。

「ロンポス」ってご存知ですか?

6個のブロックを組み合わせて遊ぶ子供用の組み立てパズルです。

立体(3次元)でも平面(2次元)でも組み合わせて遊ぶことが出来る、

なかなか奥深いパズルです。

 

↓ これです。

 

ロンポス1 ロンポス

最近、3歳の娘の方が上手くなってきました。

どっちが出来るか勝負すると結構負けます・・・(涙)

 

 

さ~て、気を取り直していきますよ。

 

今回はカーネーションの花言葉をご紹介いたしますよ。

カーネーション全体の花言葉は「無垢で深い愛」

とても愛情が伝わりますね。

 

年中市場に出回りますが、代表的な時期はやはり「母の日」に使われることが一番多いですね。

母の日は、花屋でも一年で一番忙しいイベントの一つです。

 

もちろん当店でも母の日はカーネーションの花束やアレンジ、鉢花を沢山準備いたします。

そして、毎年たくさんのお客様にご来店していただいております。

 

ちなみに、

母の日にカーネーションを贈る習慣は、1907年、アメリカのアンナ・ジャービスが母の命日に、母が好きだった白いカーネーションを教会で配った事が始まりとされます。 1914年にウィルソン米国大統領が5月の第2日曜日を母に感謝する日として記念日にしました。 日本でも1949年頃から祝うようになりました。

との事。

 

母の日には明るい「赤」や「ピンク」のカーネーションが人気ですが、最初は個人を偲ぶ「白」だったんですね。

 

そんな「母の日」に人気のカーネーションですが、花の色によって花言葉が少し異なります。

良い意味もあればよくない意味もあります。

 

花言葉をよく分からないまま花を贈って、たとえば義母さまと気まずくなったら嫌ですよね。

贈る前にしっかりここで覚えて行って下さいね。

 

それでは行きましょう!

 

「良い意味の花言葉」

「赤/Red」の花言葉は?

 

カーネーション赤

「母の愛」「愛を信じる」「熱烈な愛」「真実の愛」

 

赤のカーネーションは母の日に限らず一年中人気のある色で、パステル調の色の花束やアレンジの中に少し挿し色として入れると、途端に明るく華やいだ雰囲気にしてくれます。

 

そしてに母の日に贈る花としてぴったりの「愛」を伝える花言葉。

 

もし、ご主人様やお付き合いしている彼氏さんのお義母様へのプレゼントで悩んでいるようでしたら、カーネーションの「赤」一択で決まりです!!

 

当店のお客様の割合でも、男性から女性へ贈る時には、赤や明るいピンク、オレンジなど情熱的な色を選ぶ方が多いです。

勝手かもしれませんが、男は「女性に愛を伝えるには情熱的な色が良い!」と思っている人(思い込んでいる人)が多い気がします。

僕も真っ赤なバラやカーネーションの方が、パステル系の色合いよりも贈り手の「想い」は強く伝わるんじゃないかと思っています。

 

そう思いませんか?

 


「ピンク/Pink」の花言葉は?

カーネーションピンク

「上品」「気品」「暖かい心」「感謝」「美しい仕草」「熱愛」

 

ピンクも女性の方にはとても人気のある色です。

観ているだけでホット癒されるのは僕だけでしょうか。

(いや、男性は女性にピンクの優しいイメージを少なからず求めていると思いますよ)

 

ピンクの花言葉、どれをとっても母の日にもぴったりですよね。

 

特に「感謝」。

 

なかなか普段は言葉に出して言えない言葉です。

せっかくですから、ピンクのカーネーションを贈って気持ちを伝えてみましょうよ!

 

僕も妻に・・・・。

 

部屋に飾っておくだけでも目に優しいピンクは、優しい空間を演出してくれるはずです。

普段から、また来客時の雰囲気づくりに花瓶に生けておくと良いですね。

 

家族やお客様の気持ちがいつもより穏やかになるかもしれません。

 


「オレンジ/Orange」の花言葉は?

カーネーションオレンジ

「純粋な愛」「あなたを熱愛します」「清らかな慕情」

 

カーネーションのオレンジは見ているだけで元気になれそうな、そんなポジティブカラーです。

花言葉も「愛」を意味するものばかりですが、どちらかと言うと恋人に向けた意味合いが強そうですね。

しかしそんなに気にする必要はありません。

花言葉はあくまでイメージです。

例えば母の日に贈る相手のお義母様がオレンジのイメージ、オレンジが好き、という事であれば遠慮なく贈りましょう。

 


「紫/Purple」の花言葉は?

カーネーション紫

「誇り」「気品」

 

紫は自然と、高貴で上品なイメージを連想させます。

ですので、赤やピンクの「明るく可愛い」よりも、「気品があって上品な女性」にはぴったりの贈りものです。

紫の花自体珍しいので、人とは違うちょっとお洒落な男性へのプレゼントとしても良いかもしれませんね。

 

紫色って何だか優雅な感じがしませんか!?

どちらかというと年上の女性向けの色合いでしょうか。

 

母の日には切花だけでなく鉢植えのカーネーションも多く出回ります。

赤やピンクも綺麗ですが、紫の鉢植えカーネーションも一味違う雰囲気で

とてもお洒落です。

おすすめですよ。

 


「青/Blue」の花言葉?

 

カーネーション青

「永遠の幸福」

 

やはり自然で「青」を作り出すことは難しいのか・・・。

この画像は店の商品を撮影したものですが、もちろん青の染料の「吸い上げ」て作ってある

カーネーションです。

 

これはこれで綺麗ですが、もし本当に自然に作られた「青」を見ることが出来たなら、

それは「永遠の幸福」の花言葉にふさわしい体験ではないでしょうか。

カーネーションの研究者達が、青のカーネーションを作れたなら、一生幸せが続く・・・との思いからこの花言葉がついたとも言われています。

 

どれだけ「青」を作り出す事が難しいか、研究者達を今も悩ませています。

 

この花を贈られた相手はきっと驚くでしょうね。

それぐらい珍しい色だと思います。

 

ちなみにサントリーフラワーズさんの「ムーンダスト」も青色のカーネーションとして

販売されています。

 

いかに「青」のカーネーションを作り出すのが難しいか・・・。

 

ムーンダスト

http://moondust.co.jp/index.html

 


「緑/Green」の花言葉は?

カーネーション緑

 

 

「感動」「集団美」「純粋な愛情」「あなたを熱愛します」「癒し」「清らかな慕情」

 

「感動」や「癒し」など緑らしい花言葉ですね。

グリーンのカーネーションも添えの花として、周りの花達をとても引き立たせてくれます。

赤と緑、ピンクと緑、黄色と緑、白と緑、どの色と合わせてもとても優しく、上品に目に優しい色合いになります。

花の組み合わせ、色合いで困った時は「白」か「緑」を合わせると、色が中和されてすっきりお洒落に「締まった」商品になります。

 

いつも「花」の緑、「葉っぱ」の緑に助けられています。

グリーン様様ですね。(笑)

 

母の日に限らず贈りものとして緑がメインになると少し落ち着いた感じになります。

他に明るい色の花を入れて合わせてあげると、男性にも女性にもぴったりな色合いに

まとまり易いですよ。

 


「避けた方がよい花言葉」

「黄/Yellow」の花言葉は?

カーネーション黄

「軽蔑」「美」「嫉妬」「友情」「愛情の揺らぎ」

 

黄色のカーネーションも明るく御祝の花束やアレンジによく使います。

華やかになりますからね。

 

ただ、他にも黄色の花には結構「負」のイメージの花言葉が多いです。

例えば

https://hanayou-blog.com/rose/#Yellow

https://hanayou-blog.com/tulip/#Yellow

などです。

 

開店のお祝いや男性に対しては問題ないでしょうが、女性への贈り物に使う時は少し気をつけましょう!

 

ちなみにガーベラの黄色はとてもポジティブな花言葉ですよ。

https://hanayou-blog.com/gerbera/#Yellow

 


「濃い赤」の花言葉は?

 

カーネーション濃赤

「欲望」「私の心に哀しみを」

 

花言葉はお勧めできませんが、カーネーションの濃い赤自体は当店でも人気あります。

 

普通の「赤」と「濃い赤」の違いなんて、そんなに変わらないと思いませんか!?

大体どこからどこまでが「濃い」、どこからが「普通」あるいは「薄い」色だなんて誰も決めれませんよね!?

(花言葉の紹介ページで花屋が言ってはダメだけど・・・)

 

カーネーションに限らず濃くシック赤色の花は、落ち着いた大人の感じに仕上がりますし、

ちょっと「お洒落感」も出ます。

 

余談ですが、

「明るくお洒落に」とか「大人の女性にシックに」、「上品にまとめて」などのご希望の時は「濃い赤」や「深い赤」、また「ワイン色」はとても大活躍してくれます。

 

 

まあ花の好みは皆さんそれぞですが、花言葉は決まってあすからねえ・・・。

 

あなたも「濃い赤色」のカーネーションを選ぶ時は、

少し気をつけてみて下さいね。

 

お洒落が分かる相手なら喜んでもらえるのでは!?

 


「白/White」の花言葉は?

 

カーネーション白

「尊敬」「純潔の愛」「愛の拒絶」「私の愛情は生きている」

 

これはまた難しい。

「尊敬」「純潔の愛」などとても良い意味と、「愛の拒絶」「私の愛情は生きている」というネガティブな意味合いどちらも含んでいますね。

 

当店でも

母の日にはカーネーションはとても人気な花ですが、

白のカーネーションを贈る方は少ないですね。

 

冒頭にも書きましたが、

母の日は、もともと子供から「亡くなったお母さんへ」贈ったのが白のカーネーションが始まりと言われています。

 

日頃の感謝や愛情を伝えるのにあまりふさわしくありませんね。

 

母の日に白のカーネーションの贈り物は避けた方が無難です。

気をつけましょう!

 


「複色・絞り」の花言葉は?

 

カーネーション複色

「綺麗だけど切ない」

 

複色や絞りのカーネーションはメイン花材ではなく、「添え」や「アクセント」として使う事が多いので

あまり気にする必要もないかと思います。

 

花屋の経験から、

仮にメイン花材として使っても複色や絞りのカーネーションはお洒落に見えますし、珍しい花で喜んでいただけるのではないでしょうか。

 


「まとめ」

 

母の日に人気のカーネーションですが、花の色によって

花言葉が異なります。

 

良い意味のものもあれば良くない意味を持つものあります。

花を選ぶ際、贈る時には少し気をつけてみて下さい。

 

ただし、あまり気をつけ過ぎると、今度はどれを贈ったらいいの!?

と選べなくなります。

 

基本的には贈る相手のイメージに合ったものやお好みの色や花であれば、きっと喜んでもらえると思いますよ。

「花言葉」はあくまでサイドメニューです。

メインの花束やアレンジの色や雰囲気を楽しみましょう!

 

【カーネーション花言葉】

カーネーション全体の花言葉は「無垢で深い愛」

母の日にぴったり、と言うより「母親の無償の愛」のような感じですね。

 

以下に色別の花言葉をまとめてみました。

ぜひ参考にお使いくださいね。

「良い意味」

 

「赤」 - 「母の愛」「愛を信じる」「熱烈な愛」「真実の愛」

「ピンク」 - 「上品」「気品」「暖かい心」「感謝」「美しい仕草」「熱愛」

「オレンジ」 - 「純粋な愛」「あなたを熱愛します」「清らかな慕情」

「紫」 - 「誇り」「気品」

「青」 - 「永遠の幸福」

「緑」 - 「感動」「集団美」「純粋な愛情」「あなたを熱愛します」「癒し」「清らかな慕情」

 

「良くない意味」

 

「黄」 - 「軽蔑」「美」「嫉妬」「友情」「愛情の揺らぎ」

「濃い赤」 - 「欲望」「私の心に哀しみを」

「白」 - 「尊敬」「純潔の愛」「愛の拒絶」「私の愛情は生きている」

「複色・絞り」 - 「綺麗だけど切ない」

 


 

母の日に人気のカーネーションですが、花の色によって

花言葉が異なります。

 

良い意味のものもあれば良くない意味を持つものあります。

花を選ぶ際、贈る時には少し気をつけてみて下さい。

 

ただし、あまり気をつけ過ぎると、今度はどれを贈ったらいいの!?

と選べなくなります。

 

基本的には贈る相手のイメージに合ったものやお好みの色や花であれば、きっと喜んでもらえると思いますよ。

「花言葉」はあくまでサイドメニューです。

 

メインの花束やアレンジの色や雰囲気を楽しみましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
フラワーギフト専門店「花you」の店長が「失敗しないフラワーギフトの選び方」を紹介するブログです。 この用途にこんな花は合ってるの?失礼じゃない?と不安なあなた!大丈夫です。 30年以上の実績を誇る専門店の店長・内山が、そんなあなたの悩みを解決します。

Copyright© ~花youブログ~ , 2018 All Rights Reserved.